いいだエフエム・iステーション

人と人、地域と人とのふれあい元気ラジオ


NOW
ON AIR
KURASEEDS
パーソナリティ: 山中タイキ
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
J-WAVE TOKYO MORNING RADIO
パーソナリティ: 別所 哲也
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
サニーサイドアップ◎【生放送】
パーソナリティ: 加藤 修司
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
STEP ONE
パーソナリティ: サッシャ    ノイハウス萌菜
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
ひるテラス【生放送】
パーソナリティ: 横前 恭子
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
GOOD NEIGHBORS
パーソナリティ: クリス 智子
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
XROSS・POINT
パーソナリティ: TENDRE
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
For Your Times【生放送】
パーソナリティ: ゆき
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
JAM THE PLANET
パーソナリティ: グローバー
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
SONAR MUSIC
パーソナリティ: あっこゴリラ
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
SPARK
パーソナリティ: 今市 隆二
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
THE KINGS PLACE
パーソナリティ: 未定
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
TAKRAM RADIO
パーソナリティ: 渡邉康太郎
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
TOKYO M.A.A.D SPIN
パーソナリティ:
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

番組審議委員会

第30回 番組審議委員会議事録

◆日時 平成24年9月26日(水) 18時30分から
◆場所 飯田市本町トップヒルズ本町3F 会議室3
◆番組審議委員
出席者
長瀬正和委員長 藤森秀彦委員 小澤恭子委員 下平啓子委員
欠席者
後藤収弘委員 松村由美子委員 串原一保委員 大蔵政紀委員
◆飯田エフエム放送株式会社
出席者
小池社長 他4名

 

 

◆議事内容
社員加藤より前回の番組審議委員会にて出された案件について回答を行った。
・前回のテーマは「ニュース」だったが、改めてニュースは聴かれている、必要とされているという認識をスタッフ間で強く共有した。内容が伝わりやすい読み方や発声をしっかり行っていこうと確認した。
・朝の番組での「信毎ニュースフラッシュ」はBGMが耳についてニュースの内容 が入ってこないというご指摘を受けて、10月よりBGMを変更する事とした。

続いて社員木村より今回に至るまでの近況報告や今後の予定などの報告を行った。

◆各委員の意見・感想(テーマは特に設けない)
・朝の通勤時間に聴いている。道路の混雑状況や高速バスの混雑状況を聴いてFMを身近なものと感じている。
・千代で農業をされている80~90代の方のお話があったが、長年続けている重みを感じた。お話を聴けてよかった。
・エコのコーナーの「ゴミの出し方クイズ」などは、わかっているつもりでも思わず考えさせられて良いと思う。
・聴取率などが年代別にわかると参考になる。
・選曲が古いという意見を聞いた。
・いま話題になっている事柄などの、やさしい解説が聴けるといい。
・以前「大人の社会見学」を楽しみに聴いていると言ったが、矢筈トンネルの工事現場の回は、木下さんに見えている現場の情景がラジオの前の私には今ひとつ伝わってこなかった。もう一歩踏み込んで、きっちり伝える技術も身につけて欲しい。
・天気予報は、以前とくらべてすごく聴きやすくなった。
・「とんとんとん!何の音?」のコーナーは、答えが当たると嬉しい、外れると悔しい。ラジオならではの面白さがある。
・竹村さんの「こちりん」での加藤さんとのやりとりや、「ハイから」でのゲストの方のとコミュニケーションが、とても柔らかくなって聴きやすく好ましい。凄く良くなったと伝えてほしい。
・新井さんの番組で、明日松本へ向かい入院・手術をするお孫さんへのお婆さんからのメッセージを紹介していた。新井さんが最近入院した時のことにも触れながら、優しいお話をしていてとても良かった。ラジオが持つ双方向性の良さや、コミュニティFMだからこその近さが出ていて良かった。
・防災訓練の放送を聴いた。半生さん独特の語り口だが、緊急時には、番組なのか災害なのか分かりづらくなってしまうのでは?と感じた。
・被害状況などを伝えていたが、災害時にはみんな混乱するだろうから「災害時にとるべき行動」などを挟むと良いと感じた。
・被害場所の説明時に「○○地区の」などの地域名から言うと、場所がわかりやすい。
・実際に災害が発生した時は、市はてんやわんやになるだろうから、市民の安否確認などはFMが果たせる役割が大きいと感じる。
・9月1日の「どようはど~よ」を聴いた。オープニングで12分喋っていて長く感じた。もっと早くその日のテーマを知りたいと思った。
・「ハイ!から」のリニア情報は、記事の読みがわかりにくい。一度しっかり自分の中に落とし込んでからアウトプットしてほしい。
・「ざんど」と言われてもとっさに「残土」をイメージ出来ない。「残る土ですね」などのフォローがほしい。
・リニアの情報を伝えた後にパーソナリティの意見を言うコーナーなのか否か、明確な方向性がほしい。
・前回も言ったが「時刻は午前11時を回りました」と言うが、午前とは言わなくてもわかる。
・飯田エフエムの音量が小さくなった。他局から替えるとボリュームを上げないと聴けない。
・「ハイ!から」の寺平さんが、猫人形作家の方をスタジオに迎えた時、2人が同時に喋ってしまい、しかもそのままだった。2人は顔を見て喋っているからいいが、リスナーにはゴチャゴチャして聴きにくい。パーソナリティがしっかりコントロールしてほしい。
・タクシーに乗った時、飯田エフエムがつけられていた。運転手さんが他の地区から来た方で、この地域の事を知りたくて聴いていると言っていた。
・近隣地区で詐欺の前兆と思われる事案があった時に、詳しい事例などの紹介をしてくれてとても分かりやすかった。
・「こちりん」で、「ひとりっ子・初めっ子・真ん中っ子・末っ子という育った兄弟環境によって性格に共通性がある」という話題が面白かった。新しい見方で強く興味を引いた。
・もっともっと飯田の話題が入ると興味深く聴ける。
・鈴木さんが「ムトス飯田の二次募集」について紹介していたが、市の担当者の説明不足かもしれないが、もっと自分自身が理解してから喋ってほしい。
・映画「玄牝」の紹介で、鈴木さんが実際に観てから話しているのか、聞いた話を喋っているのか、話が曖昧だった。本人が観たのならしっかりレポートするべきだし、聞いただけなら中途半端だと感じた。
・松枝さんの遠山由花さんへのインタビューを聴いたが、長すぎると感じた。長いので途中から聴いた人には、誰に何の話を聞いているのかわからないと思う。工夫をしてほしい。
・新井さんがお休みだった時の竹村さんの番組は、「ハイ!から」とは違う竹村さんではあったが、朝はもっと元気さや明るさ、爽やかさがあっても良かったのではないか。
・加藤さんの「90sのLOVE SONG」は、いつもながらの情報量で感心するが、朝の番組ではデータ的な数字を並べて凄さを表現するよりも、その曲のエピソードや裏話などを厚くした方が、感情移入できるのでは?と感じた。