いいだエフエム・iステーション

人と人、地域と人とのふれあい元気ラジオ


NOW
ON AIR
MORNING VOYAGE
パーソナリティ: nico
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
MAKE MY DAY
パーソナリティ: 前田 智子
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
ACROSS THE SKY
パーソナリティ: 玄理
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
VOICES FROM NIHONMONO
パーソナリティ: 中田英寿    堀口ミイナ
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
TOKIO HOT 100
パーソナリティ: クリス・ペプラー
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
Weeklyかざこし(再放送)
パーソナリティ: 週替わり
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
外国語広報(Gaikokugo Kouhou)(飯田市)
パーソナリティ: 大坂 隼人
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
ピックアップ市議会(第2/4・7・10・1月)
パーソナリティ: 加藤修司
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
DRIVE TO THE FUTURE
パーソナリティ: ピストン 西沢
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
TRAVELLING WITHOUT MOVING
パーソナリティ: 野村 訓市
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
THE EXPERIENCE
パーソナリティ: スガシカオ
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
J-WAVE SELECTION
パーソナリティ: レイチェル・チャン
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
INNOVATION WORLD ERA
パーソナリティ: 週替わり
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

NOW
ON AIR
GROWING REED
パーソナリティ: 岡田 准一
※上記記載内容は通常時のものです。都合により表記の内容と実際の放送が異なっている場合もあります。ご了承ください。

番組審議委員会

第62回番組審議委員会議事録

第62回番組審議委員会議事録

飯田エフエム放送株式会社

日時 平成30年1月30日(火) 18時30分から

場所 飯田商工会館商店街交流ホール

番組審議委員

・出席者 長瀬正和さん 小澤恭子さん 平澤隆志さん 藤澤聡さん 細田仁さん 鈴木富士子さん

・欠席者 佐々木大地さん 下平啓子さん

飯田エフエム放送株式会社

・出席者 小池孝司社長 小池行範専務 木村雅範 堀竜也 加藤修司

出席者合計 11名

1.開会宣言

小池専務より、開会宣言を行った。

  1. 社長挨拶

   小池社長より、挨拶を行った。

  1. 長瀬委員長挨拶

   長瀬番組審議委員長より、挨拶を行った。

4.飯田エフエム放送近況報告

   社員加藤より前回の番組審議委員会にて出された案件等について回答し、社員木村より今回に至るまでの近況報告と今後の予定を報告した。

 

 

各委員の意見・感想(テーマは特になし)

小澤委員より

・今日ここに来る時に番組でGLIM SPANKYの曲がかかっていた。エフエムで地元出身のバンドがメジャーで活躍している事を知れた存在なので嬉しかった。

・南岸低気圧の影響で飯田下伊那にも雪が降った。地域内各地の積雪量などが分かるといいなと思った。交通情報の有難さが身に染みた。

・「小学校へGO!」で吉澤さんが放送した千代小学校の干し柿作りを聴いて感銘を受けた。地域の方と繋がって特産物を一から作っていく子どもたちの過程を聴いて、将来を担う子どもの育成・愛情が育まれていると感じた。干し柿を貰った吉澤さんの返しの言葉が丁寧で、子どもたちも喜んだと思う。

・1/26のモーニングパレットのイントロクイズを聴いた。答えは山口百恵だと思い自信をもって臨んだが間違えてしまった。しかし楽しかった。イントロクイズは週末、金曜という感じがして良い。

・前回の番組審議委員会で元日に「心のふるさと~飯田下伊那小中学校歌」の特別番組を放送すると聞き、「よし!聴くぞ!」と意気込んでいたのだが、当日コロっと忘れてしまった。残念だった。

鈴木委員より

・「年末年始はごみ収集日が変わります」という広報を放送していたが、家族から「ゴミ捨てカレンダーの通りで良いんだよね?」と問われ迷った。結局カレンダーの通りだったのだが、通常と変わるのか、カレンダーの予定と変わるのか、ひと言添えて頂けると分かりやすかった。

・おくやみ情報で「故人のご冥福をお祈りし~」という文言が以前はあったが最近は聞かない。どういう理由で無くしたのかをお聞きしたい。

・最近、各番組で洋楽の割合が増えている気がする。個人的には邦楽をもっと聴きたい。

・12月は「Reportターミナル」などでクリスマスのBGMやJGが入ったり、年明けの「はなきん。」では以前にもやったアーティストをコントラストミュージックで再度取り上げるなど、特別感があってよいと思う。

・元日の「心のふるさと~飯田下伊那小中学校歌」は、予めHPなどで放送予定と時間を知る事が出来たので家族の出身校などを聴くことが出来て良かった。ぜひ高校の校歌や保育園の園歌などもやってほしい。

・雪がたくさん降った日の「Reportターミナル」で、電車が30分遅れているとか、この道は坂道を登れない車で混んでいるなどのリスナーさんからのメールを紹介して注意を促していたのが良かった。

  藤澤委員より

・前回発言させて頂いたHPのスタッフ写真が何人か載っていて親近感が湧く。

・元日の「心のふるさと~飯田下伊那小中学校歌」は絶対に聴こうと思っていたが聴けたのは10時過ぎで自分の出身小学校は聴けなかったが、帰省していた姉と「平谷小の校歌がポップだ」などと久々に会話が盛り上がった。妻とも母校の話で盛り上がる話が出来、エフエムさんのお蔭だと思った。

・1/26の「こちりん」で加藤さんが、小室哲哉さんとYOSHIKIさんの関係性について話をされていた。一時は同じバンドに居たとか、2人で組んだユニットがあるなど、この人の雑学はどれだけ深いのだと感嘆した。プロ意識がマニアックだと感心した。

細田委員より

・元日の「心のふるさと~飯田下伊那小中学校歌」では、自分は伊賀良に住んでいるが出身は鼎で改めて母校の校歌を聴くと、子どもの頃は意味も分からずに歌っていたが、鼎の成り立ちなどか歌詞となっていたと知り感心した。また、追手町小と浜井場小の校歌が同じだと知り、家族みんなで驚いた。

・JR東海の情報は、飯田線のことでも名古屋の広報に問合せなければならないシステムになっている。リスナーさんからの連絡で飯田線の情報が伝えられるなどFMさんの情報はありがたい。

・ドイツからの留学生を受け入れている。学校へ送っていく道中で毎朝「モーニングパレット」を聴いていると留学生から「これはどういう事ですか?」と質問がたくさんあり、質問と解説を毎日繰り返している内になんとなく言葉が通じるようになってきた。インバウンドの時代などと言われているが、耳からの情報は大きいと実感している。

平澤委員より

・今朝のモーニングパレットがちょうど1000回目の放送だと言っていた。これからも頑張ってください。

・クールチョイスは、最初に話を聞いた時はどんなものかと思っていたが、これだけしぶとく毎日3回ずつ放送されると「アリかもしれない」と思ってきた。クールチョイスの認知度は28%らしい。環境省の取組みだが地方のコミュニティ放送で繰り返しやっている所に好感が持てる。

・元日の「心のふるさと~飯田下伊那小中学校歌」は毎週放送している素材を繋げて放送していたので、毎回「さよなら」と入っていたが編集出来ないか。リスナーさんからの反応を知りたい。

・寒い日の水道管の破裂について。たくさんのご家庭で破裂しているとの事で業者も大変らしい。屋内の水道管は、夜の内から細く水を流しておくと良いのだが、飯田市の水道課に問合せると「お金もかかるし推奨していない」と言われた。飯田エフエムのパーソナリティが「生活の知恵」として喋る分には問題ないと思うし、これからまだ寒波が続くと業者も部品不足になる恐れもある。引き続き注意を喚起してほしい。

長瀬委員長より

・夕方の番組で、聴きやすい声の方が話しているなと思ったら平澤支社長だった。

・1/29のお昼の番組で丹羽さんが缶コーヒーのCMで使われた曲を特集していて面白かった。リスナーさんからのメールにもあったが、折角その企画で放送するなら、いつ放送した曲なのか、その頃どんな事があったのか、その頃飯田では~など、痒い所に手が届く番組になると更に面白いと思った。

・先ほど藤澤さんから加藤さんの雑学についての話もあったが、各パーソナリティが自分の得意な分野、ニッチな部分も含め、自分が熱くなる事を話せるようになると強い。「加藤と言えば雑学」のような「誰々と言えば○○」のような部分も欲しい。

・「聴きたかったのに聴き逃した」という場合などに、後から聴ける機能がRadikoなどでは当たり前になってきている。全番組でなくとも一押しの番組やコーナーなどについてはアプリなどで聴けるようになると良い。将来に向けて考えてみてほしい。

・現在の飯田エフエムには20代のスタッフがいない。ラジオは広い世代が聴いている。高校生・短大生の声が少ない。将来を担う若い人たちがラジオに出られる方法を考えてみてほしい。各高校の放送部に番組を作ってもらうなど、若い世代が考えている事を放送出来れば、その中から飯田エフエムの将来を担う人物が出てくるかもしれない。

 

4. 事務局より

次回は3月中旬に行う事を確認し、閉会宣言を行って午後7時30分、

第62回番組審議委員会を閉会した。

 

議事録作成者 番組審議委員会事務局 加藤修司